Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

日比谷花壇のお葬式

葬儀について知っておきたい!宗教別の特徴について

仏教式の葬儀の特徴

葬儀について知っておきたい!宗教別の特徴について
日本人の約9割が、仏教式の葬儀で送られるといわれています。そういったことから、私たちにとって最も馴染みが深いのが仏式と言えるでしょう。特徴としては、僧侶が読経をする、参列者がお焼香をする、故人には戒名が与えられて仏弟子として葬られ、遺された者は故人の成仏を祈る、などの点が挙げられます。
地方により違いはありますが、葬儀は通夜と告別式に分かれ、通夜に参列した場合、通夜振舞いの席に案内されることもあります。ご供養ですから、できるだけ席につき、長居はせずとも出された料理をいただくのがマナーとされています。また、数珠を持参したり、お清めの塩が用意されるのも仏式葬儀の特徴ですが、清め塩については、最近使われない場合も増えてきました。なお、告別式は親族やごく親しい人だけで行われる場合も増えています。
仏教では、故人は死後四十九日をもって成仏し、遺骨は菩提寺に埋葬され、供養されます。節目節目に法要が営まれるのも、仏式葬儀の延長にある特徴と言えます。

仏教式にも宗旨宗派による違いがある?

仏教の中でも宗旨宗派によって、異なるポイントがあるので注意が必要です。たとえば、浄土真宗では「ご冥福をお祈りします」は忌み言葉であり、一般的には使いません。また、香典袋の表書きに「御霊前」は使いませんが、宗派が分からない場合もありますので、必ずしも失礼にはあたりません。ただし、あらかじめ浄土真宗、あるいは曹洞宗の葬儀だと分かっている時は、表書きは「御仏前」と書くのが良いでしょう。書くときには普通のマジックではなく、薄墨を使って悲しみを表します。
また、浄土真宗では、お焼香の作法も異なり、つまんだ香を押しいただくのではなく、そのまま香炉に奉じます。
読経の際、列席者が唱える言葉も宗派によって異なりますが、同じ宗派であればその通り唱え、違う宗派ならば、自分の帰依する宗派の言葉を、声には出さずに心から唱えるのが良いとされています。数珠の種類や掛け方も宗派ごとに違いがありますが、やはり自分の宗派の作法に従ってする方が良く、無理に先方の作法に合わせるのは、かえって心が伴わず失礼に当たるともいわれています。
なお、宗派だけでなく、地域の慣習や寺院のしきたりが尊重されることもありますので、気をつけましょう。

キリスト教の葬儀の特徴

キリスト教はカトリックとプロテスタントに大別されます。どちらであるかによって細かい点は異なりますが、共通する特徴としては、葬儀は教会で行われること、聖歌や賛美歌が歌われること、お焼香ではなく献花をする、お悔やみを言うのではなく、神に召された故人を祝福する、などがあります。なお、カトリックではより厳格な葬儀を神父が執り行ない、プロテスタントは比較的質素な式を牧師が執り行ないます。
留意するべきこととしては、キリスト教においては故人は天に召されて永遠の命に入るため、死そのものを悲しむのではなく、列席者は遺された遺族の寂しさを慰める、という点です。
また、香典袋も、仏式の蓮の花の絵のものではなく、ユリや十字架の入ったものを使い、表書きは薄墨で「御花料」または「献花料」とするのが一般的です。
いわゆる通夜と告別式をカトリックでは通夜ミサ、告別ミサと呼び、プロテスタントでは前夜式、教会葬という呼び方をします。茶菓などを提供し、故人の思い出を語り合う場を設けていることもあります。

無宗教の葬儀の特徴

最近は、いわゆる無宗教葬も増えつつあります。これは、特定の宗教や伝統の作法ではなく、自由葬とも呼ばれることがある通り、自由な形式で行われる葬儀です。
無宗教葬の場合、お墓は宗教宗派を問わない墓地にする必要があります。また、無宗教葬を行うことについて、親族や親しい人たちの理解を得るのも、後々トラブルや軋轢を生まないために、大切なことです。
これらをクリアして無宗教葬を行う際は、故人が好きだったものを用いて故人を偲ぶなど、形式にとらわれずお別れする場を設け、故人の個性や希望を尊重してお送りすることになります。参列者は馴染みがなくて戸惑うことも考えられますので、遺族側で司会や案内についてきちんと取り決め、混乱を招かないようにする必要があります。
日比谷花壇のお葬式公式サイトには
・具体的なプラン内容と費用
・お客様の実例
・簡単見積りサービス【無料】
・資料請求【無料】
など、お葬式に関する有益な情報がたくさんあります。
詳しくは「日比谷花壇のお葬式」公式サイトをご覧ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おさえておきたい!【仏式の葬儀の流れ】

おさえておきたい!【仏式の葬儀の流れ】
通夜や告別式を行う前に、枕飾りを行います。 この枕飾りというのは、簡易的な祭壇のようなものです。病院やご自宅で亡くなった方の御遺体をこの枕飾りまで搬送します…

【PR】【お花屋さんだからできる葬儀】日比谷花壇のお葬式の特長とは?

【PR】【お花屋さんだからできる葬儀】日比谷花壇のお葬式の特長とは?
人生最期の儀式だからこそ自分の想いが伝わるお葬式で見送って欲しいと考える方は少なくないでしょう。 でも葬儀社のパンフレット等を取り寄せてみても、何だか似たり…

【葬儀に欠かせないお花】葬儀のフラワーアイテムは?

【葬儀に欠かせないお花】葬儀のフラワーアイテムは?
お葬式の祭壇には、大きく分けて「白木祭壇」と「花祭壇」の二種類があります。白木のあたたかみと荘厳が感じられる「白木祭壇」は仏教の教えに則ったもので、長く仏教葬…

葬儀・葬式の後飾りとは?宗教別にも違いが!?

葬儀・葬式の後飾りとは?宗教別にも違いが!?
後飾りは人が亡くなって火葬を行った後に骨を安置する壇のことで、二段から三段ほどで成り立っています。壇は白木で造られており、上から白い布がかけられています。遺骨…
運営会社
日比谷花壇

株式会社日比谷花壇は、店舗・オンラインのお花の販売だけでなく、お葬式全体のお手伝いを行っています。

企業の紹介を見る
お葬式の事前相談・ご依頼

日比谷花壇のお葬式は、ご葬儀全体をトータルプロデュースするサービスです。お客様の望むご葬儀の実現をサポートしています。

公式サイトへ

24時間365日。専門のスタッフがご対応いたします。

0120-06-3987

資料請求
お葬式の事前相談・ご依頼 お葬式の事前相談・ご依頼 お花いっぱいの
お葬式サービス
日比谷花壇のお葬式
終活サポートの会員組織 入会費・年会費無料の情報サービス オハナクラブ 日比谷花壇のペット葬 日比谷花壇のペット葬 お花溢れるペットのお葬式・自宅葬 ペット供養サービス「petbook」 ペット供養サービス「petbook」 ネットでお参り
寺院で毎年合同供養
公式FACEBOOk
メルマガアイコン

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、日比谷花壇ならではの情報をお届けします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
pagetop

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、
日比谷花壇ならではの情報をお届けします。
なお、メールアドレス入力前に「プライバシーポリシー」をご覧ください。
ここでご入力いただきましたeメールアドレスは、
メールマガジン配信のためだけに使用いたします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.