Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

日比谷花壇のお葬式

知っていますか?【定年退職後の確定申告は必要?】

定年退職後に確定申告が不要な場合とは?

知っていますか?【定年退職後の確定申告は必要?】
会社員の場合、在職中は会社が所得税の計算、納税などの手続きをすべて行ってくれるために、基本的に確定申告は必要ありません。しかし、退職した年は所得税がまだ精算されていないため、確定申告が必要となります。
その後は、収入がない場合は確定申告は不要となります。
年金を受給している方も、以下の二つの条件を満たす場合は、確定申告は不要となります。
一つ目の条件は、『公的年金などの収入、その合計金額が400万円以下である場合』です。公的年金の平均的な受給額が250万~300万なので、多くのの年金受給者は該当しているでしょう。
二つ目の条件は、『公的年金などにかかる、雑所得以外の各種所得金額が20万円以下である場合』です。ここでいう『雑所得以外の各種所得金額』とは、給与所得、個人年金、原稿料、株式や出資の配当、生命保険の満期返戻金などになります。これらの所得が20万円以下なら、確定申告は不要となります。

定年退職後に確定申告が必要な場合は?

退職した年は、所得税がまだ精算されていないため、確定申告を行う必要があります。
『公的年金などの収入、その合計金額が400万円を超える場合』、『公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円を超える場合』も、確定申告が必要となります。
年度の途中に退職した場合、所得税は1/1~12/31の期間内に発生した所得にかかります。途中で退職した場合は、年末調整が行えないために、納税した額と納税すべき額がズレてしまいます。この場合、確定申告をすれば、払いすぎた税金が戻ってきます。
退職金をもらったが、退職の際『退職所得の受給に関する申告書』を出していない場合、退職金は退職所得と呼ばれ、所得税とは別に計算されます。確定申告で、退職控除額の計算を行うことで、退職金にかかる税金を減らすことが出来ます。
医療費の支払いが多い場合や、災害に巻き込まれた場合は還付の可能性がありますので、確定申告を行った方が良いでしょう。
社会保険料、生命保険料などを支払った場合も、確定申告を行えば、税金が戻ってくる事があります。

年度の途中での定年退職の注意点

会社に勤めている場合、所得税は、毎月の給料やボーナス等から源泉徴収されます。ただし、この源泉徴収は概算で行うために、年度の途中に定年退職すると、納めるべき税と、納めた税の間に過不足が発生してしまいます。
年の途中に退職した場合でも、同じ年に就職した場合は、前の会社の分と併せて新しい会社が年末調整を行うので、税の納め過ぎは是正されます。しかし、再就職しない場合は、年末調整が行われないので、税は納めすぎたままとなります。
この場合、確定申告を行えば、所得税が還付される可能性があります。
年の途中で退職した場合は、年の所得も少なくなるために、社会保険料控除や扶養控除等が還付される可能性もありますので、確定申告を行いましょう。
この申告は、翌年以降5年以内であれば行うことが出来ます。その際には退職先から交付される源泉徴収票が必要となります。この源泉徴収票の発行は義務ですので、もし発行されない場合は税務署に相談しましょう。

退職金の申告がしっかりとされているかも注意

退職した際、『退職所得の受給に関する申告書』を提出している人は、会社が所得税を計算し、退職金から正規の所得税の額で源泉徴収されているので、確定申告の必要はありません。ほとんどの場合、退職の際にこの手続きが行われるので、確定申告の必要は無いでしょう。
ただし、『退職所得の受給に関する申告書』提出していない場合は、自分で確定申告を行う必要があります。なぜなら、確定申告をしなければ、退職金に対する控除を受けられないからです。
退職所得は、退職後の生活保障のための資金と考えられているので、控除を受けることが出来ます。控除が受けられない場合にかかる所得税は一律20%なので、退職所得控除を受ければ、ほぼ間違いなく、納める所得税の額が減ります。ですから、『退職所得の受給に関する申告書』を出していない方は、忘れずに確定申告を行うようにしましょう。
退職控除額の計算は、勤続年数20年以下の場合は、『40万円×勤続年数』、勤続年数20年越えの場合は、『「800万円+70万円×(勤続年数-20年)』となります。
日比谷花壇のお葬式公式サイトには
・具体的なプラン内容と費用
・お客様の実例
・簡単見積りサービス【無料】
・資料請求【無料】
など、お葬式に関する有益な情報がたくさんあります。
詳しくは「日比谷花壇のお葬式」公式サイトをご覧ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【増加しているシニアの起業】おさえておきたい補助金や助成金は?

【増加しているシニアの起業】おさえておきたい補助金や助成金は?
高齢化社会を迎えた日本では、60歳以上の高齢者の人口が増加をしており、平均年齢も少しずつ高くなっています。年金の需給も先延ばしになっている今、定年を迎えても働く…

シルバー人材センターとは?登録はどうすれば?

シルバー人材センターとは?登録はどうすれば?
シルバー人材センターとは、高齢者に対して仕事を紹介する非営利の団体です。都道府県ごとに連合会が設けられており、原則として市区町村単位でセンターが存在します。地…

シニアの趣味として根強い人気の写真撮影

シニアの趣味として根強い人気の写真撮影
定年間近な年齢になると、どうしても体が衰えていまうもの。運動しようと思ってもなかなか続かず、結局家の中に閉じこもってしまうこともあるのではないでしょうか。外を…

老後のお金を守る!「退職金」と「税金」で知っておきたいポイント

老後のお金を守る!「退職金」と「税金」で知っておきたいポイント
会社を辞める場合には、勤続年数やそれまでの給料などにより計算された退職金がもらえる場合があります。すべての会社に退職金制度があるわけではありませんが、大企業な…
運営会社
日比谷花壇

株式会社日比谷花壇は、店舗・オンラインのお花の販売だけでなく、お葬式全体のお手伝いを行っています。

企業の紹介を見る
お葬式の事前相談・ご依頼

日比谷花壇のお葬式は、ご葬儀全体をトータルプロデュースするサービスです。お客様の望むご葬儀の実現をサポートしています。

公式サイトへ

24時間365日。専門のスタッフがご対応いたします。

0120-06-3987

資料請求
お葬式の事前相談・ご依頼 お葬式の事前相談・ご依頼 お花いっぱいの
お葬式サービス
日比谷花壇のお葬式
終活サポートの会員組織 入会費・年会費無料の情報サービス オハナクラブ 日比谷花壇のペット葬 日比谷花壇のペット葬 お花溢れるペットのお葬式・自宅葬 ペット供養サービス「petbook」 ペット供養サービス「petbook」 ネットでお参り
寺院で毎年合同供養
公式FACEBOOk
メルマガアイコン

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、日比谷花壇ならではの情報をお届けします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
pagetop

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、
日比谷花壇ならではの情報をお届けします。
なお、メールアドレス入力前に「プライバシーポリシー」をご覧ください。
ここでご入力いただきましたeメールアドレスは、
メールマガジン配信のためだけに使用いたします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.